結婚準備に忙しい新郎新婦にかわり、二次会はすべてお任せできる『二次会幹事代行サービス』があるのをご存じですか?

今までの二次会で一般的だったのは、新郎もしくは新婦の友達に、二次会の司会や受付、ゲームなどの内容やプレゼント選びなどを任せていました。

しかし、自分たちの結婚式二次会なのに、「友人への負担と責任が重すぎる!」という事で二次会幹事代行サービスにお願いする新郎新婦が増えてきました。
また、新郎新婦も結婚準備で忙しいので、二次会をお任せする事で結婚式のほうに気持ちを全力で向ける事ができるメリットもあります。

「私達も二次会幹事代行をお願いしたい!」と思っても、どれがいいのだろう?と比較するのは面倒です。

そこで、厳選した3社を徹底比較してみました!
ぜひ自分たちの2次会幹事代行を選ぶ際の参考にしてみてくださいね^^

比較したのは『2次会本舗』『二次会サポーターズ』『2次会くん』

比較したのはこの3社。
『2次会本舗』と『二次会サポーターズ』『2次会くん』

2次会本舗 結婚式二次会代行2次会本舗

二次会サポーターズ 結婚式二次会二次会サポーターズ

2次会くん トップページ2次会くん

 

比較してみると色々な違いが分かってきました!

「どんな内容なの?」「お値段は?」「自分たちに合ってるのはどっち?」を比較してみましょう!

2次会を丸投げできるのはどっち?

2次会本舗 二次会サポーターズ 2次会くん
2次会は丸投げできる?

まずは二次会の負担を減らしたいですよね!
3社とも二次会丸投げOK!会場選びや司会、プレゼントやゲームなど、打ち合わせで自分たちの希望をしっかりと伝えて、当日は丸投げすることができます^^

料金プランを徹底比較

金額比較 2次会幹事

2次会本舗 二次会サポーターズ 2次会くん
支払う金額 3,000円×ゲストの人数
(飲食代別)
2,500円×ゲストの人数
(飲食代別)
地域のよって異なる

関東6,500~円×ゲストの人数
東海6,000~円×ゲストの人数
関西6,500~円×ゲストの人数
九州3,500~円×ゲストの人数
(飲食代含む)

ここで支払う料金について、しっかりと確認しておきましょう!

二次会幹事代行に支払う料金は、二次会に参加するゲスト数で変わってきます。
例えばお友達が50人来るとします。

そうすると、3,000円×50人=150,000円 (2次会本舗の場合)

となり、2次会本舗に支払う金額は150,000円ということになります。

会場の飲食代金もかかります

二次会パーティ二次会では、みんなで飲んだり食べたりしますよね^^
二次会会場に支払うお金ももちろんかかります。

5,000円(飲食代)×50人=250,000円

二次会本舗に支払う代金と合わせると

150,000円+250,000円=400,000円

となります。
そこで、ゲストからの会費を8,000円にすれば
8,000円×50人=400,000円

新郎新婦の負担なく、二次会を任せられる計算になる・・・・という仕組みになっています。

1.5次会に対応している?

1.5次会 おまかせ

2次会本舗 二次会サポーターズ 2次会くん
1.5次会に対応している? 別途1.5次会婚というサービスあり

挙式は海外で行い、披露宴ほどではなく、親しい友人たちとワイワイと楽しみたい!という人も増えてきました。
それを1.5次会というのですが、1.5次会にも対応してくれるかどうか?を比較しました。

2次会本舗、二次会サポーターズ、どちらも1.5次会には対応可能です。
2次会くんは同じ系列で1.5次会婚というサービスがあります。

対応エリアの比較

2次会本舗 二次会サポーターズ 2次会くん
対応エリア 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川) 東京・埼玉・千葉・神奈川・栃木・群馬・茨城 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・名古屋・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福岡・佐賀・長崎・大分・山口

次に対応エリアを比較してみます。
2次会本舗も二次会サポーターズ、どちらも首都圏ですね^^二次会サポーターズには栃木・群馬・茨城も入っているのが大きな違いでしょうか。

2次会くんには東海エリア・関西エリア・九州エリアもあり範囲が広いのが特徴です。

ドレス・タキシード無料レンタル

披露宴 入場アイデア

2次会本舗 二次会サポーターズ 2次会くん
ドレス・タキシード無料レンタル 臨機応変に対応 1日3組限定 提携ショップより無料レンタル可

結婚式とは違うドレスを着たい!という新婦様も多いと思います。
無料レンタルのサービスがあれば、またイメージを変えて登場することができますね^^

2次会本舗は『パーティーの人数が多い場合は、自分が着たいドレス代金を負担してくれる場合もある!』という回答。臨機応変に対応してくれるようです。

司会は誰がしてくれるの?比較

披露宴 司会者

2次会本舗 二次会サポーターズ 2次会くん
司会 芸人司会者 披露宴・イベントなどプロの司会者 披露宴の司会やラジオDJ、役者やお笑い芸人など

二次会の雰囲気を大きく変えるのは司会者。友人が司会をすると、どうしても素人なので上手く盛り上がらない場合があります。

2次会本舗の場合は芸人、二次会サポーターズの場合は披露宴やイベントなどの経験のあるプロの司会者です。
2次会くんは披露宴の司会者のほかにラジオDJや役者、お笑い芸人の場合もあるようです。

ここは好みがハッキリと別れる所だと思います。

二次会の景品はどうなるの?

二次会景品

2次会本舗 二次会サポーターズ 2次会くん
景品 景品無料・持ち込みOK 景品無料・持ち込みOK! 景品無料・持ち込みOK!

二次会の景品ですが、3社ともも景品が無料で選ぶ事ができ、持ち込みもOKとの事。

予算と人数にあわせて景品を選ぶので、このあたりはそんなに大きな差はなさそうです。

景品の持ち込みもOKなので、豪華賞品を数名にするか、多くのゲストにプレゼントできるようにするか、打ち合わせで相談したほうがGOOD!!

写真撮影の比較

2次会本舗 二次会サポーターズ 2次会くん
写真撮影 撮影無料。100~150カットは最低限撮影 撮影無料。200カット以上撮影 撮影無料。人数によるが200カット以上

2次会本舗、二次会サポーターズ、2次会くん、3社とも写真撮影は無料でしてくれます。

カット数ですが、2次会本舗は100~150カットは最低限撮影するとのこと。
二次会サポーターズは200カット以上撮影するとのこと。

ここは少し差がありましたが、参加人数が増えれば自然と枚数も増えるはずです。

結婚式まで1ヶ月しかない場合の対応の比較

2次会本舗 二次会サポーターズ 2次会くん
結婚式まで1ヶ月しかない場合 OK OK OK

結婚式まで日にちが少ない場合でも、3社対応可能!

ここには大きな差がありませんでした。

3社比較 まとめ

ここで3社の比較で違う部分をまとめてみました。

2次会本舗 二次会サポーターズ 2次会くん
料金 (3,000円+飲食代)×ゲストの人数 (2,500円+飲食代)×ゲストの人数 3,500円~6,500円(地域別)×ゲストの人数
対応エリア 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川) 東京・埼玉・千葉・神奈川・栃木・群馬・茨城 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・名古屋・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福岡・佐賀・長崎・大分・山口
ドレス・タキシード無料レンタル 臨機応変に対応 1日3組限定 提携ショップより無料レンタル可
司会 芸人司会者 披露宴・イベントなどプロの司会者 披露宴の司会やラジオDJ、役者やお笑い芸人など
写真撮影 撮影無料。100~150カットは最低限撮影 撮影無料。200カット以上撮影 撮影無料。カット数確認中

この中で、選ぶポイントは3点。

料金
ドレス タキシードのレンタル
司会

料金が上がれば、それだけ来てくれる友人の負担が増えることになります。
しかし、逆に安すぎると不安という声もあるでしょう。一生に1度の事なので、差額をケチるよりも、より安心できるほうを選びたいという選択もありです。

ドレスについても、「こんなドレスが着たい!」という想いがある新婦が大半です。
ドレスの希望が叶うかどうかも大きなキーワードですね。

ウェディングプランナー ポイント

最後に一番重要な『司会』選び。
芸人がいいのか、プロの司会者がいいのか、役者やラジオDJがいいのか。
判断に大きな差がでる所。

元ウェディングプランナーからの視点で言うと、やっぱり司会は場慣れしているプロの司会をおすすめします。
お笑い芸人は笑わせる事が本職であり、司会がプロ級とは限りません。
ゲームや演出をする事で盛り上がる事は間違いなく、友達の中にも楽しい人が1~2人はいるはず。

そう考えると、司会はプロとして、制限時間のある中で流れを考えながらできる方が安心ですね^^

2人の二次会選びの参考になると嬉しいです^^
無料相談はこちら↓

司会が芸人▽

司会がプロ▽

司会がプロやラジオDJ、役者やお笑い芸人など▽

The following two tabs change content below.

HappY

口コミNo1の結婚式場で働いていた元ウェディングプランナーです。 ウェディングドレスショップで働いたこともあり、100件を超える結婚シーンに立ち会ってきました。妊娠・出産のため退職しましたが、現在はプランナー経験を活かせるサイトを運営して、皆様の思い出に残る結婚式演出の提案をしています。 私自身が自分の結婚式で妥協して後悔した経験がありまして、その分を次の人へアドバイスしたいという想いで情報提供しています。